マハラジャロード・ヘナとインドハーブ
ヘアケアハーブシャンプー >香る髪花ブレンド

ハーブシャンプー香る髪花ブレンド

 髪に潤いを与えるハイビスカス花弁粉末と心地よい香りを添えるイランイラン油を配合ハーブシャンプー花ブレンド

ジャスワンド(ハイビスカス)が髪に潤いを与え、ややしっとりタイプの仕上がりで、ボリュームが多すぎる方には特におすすめです

ジャスワンド(ハイビスカス)のエキスには髪に潤いを与えることが多くの女性の経験からわかっています。潤った髪には適度な重みが加わり、膨らみがちだった髪が適度にしっとりと落ち着くようです。また、髪のボリュームをアップしたい場合は、ハーブシャンプー花ブレンドに髪のボリュームアップをするハーブ「アムラ」を追加してご使用ください。

ハイビスカス

髪に潤いを与え、美しい髪を養うハイビスカスの花粉末配合

ハイビスカス、インド名:ジャスワンドには、毛根の血行をよくする作用があり、髪の色を色濃くし、髪の成長を促進して、腰と 艶のある髪が生えるようになると言われおり、さらに仕上がりの点では、髪に潤いが出てくるため、多くの女性に人気です。そのジャスワンドを大胆に配合したのが花ブレンド。

インドハーブの匂いが苦手な方には特におすすめ! ハーブシャンプーに心地よい香りを添えるイランイランオイルを使用

イランイランはヘアケアには欠かすことができないオイルで、インドハーブと実に相性がよく、ヘナに混ぜれば、ヘナの匂いを緩和し、ハーブ洗髪では、インドハーブ特有の匂いを緩和し、ハーブシャンプーを心地よい体験にしてくれます。エッセンシャルオイルには好みがあるが、インドハーブとイランイランは抜群の相性であるといえるでしょう。

ニーム

抗菌殺菌作用が高いニーム配合

洗面台にニーム水を用意しておけば、石鹸に依存することなく、滅菌することができるとさえ言われています。ニーム水で傷口を洗浄したり、あるいは、髪を洗浄したり、入浴の際に、入浴剤としても活用することで清潔さを増し、さらに、ニームを直接、皮膚に使用する場合は、皮膚を活性化し、毒素を取り除き、傷口を浄化し、癒しますとされています。

シカカイ

天然の石鹸成分が豊富に含まれる野生のシカカイ配合>

石鹸成分が含まれる良質な野生のシカカイ粉末が洗浄の主役。シカカイはトリートメント作用にも優れ、髪をしなやかに仕上げます。髪をしなやかに、櫛の通りをよくするハーブ・シカカイ礼賛!これが本当の無添加ハーブシャンプー

髪にハリとコシをつけるアムラ

髪にハリとコシをつけるアムラ配合

アムラ(アマラキ)は髪に腰をつけフケや抜け毛を押さえ予防するより… 最近、わかったが、アムラとシカカイを適度にまぜてトリートメントしたほうがよい結果がでるようだ。シカカイの洗浄力、アムラのトリートメントを掛け合わすことで、最高のトリートメント洗髪となる。引用終わり

カチュールスガンディ

抗菌殺菌が高い芳香性カチュールスガンディ配合

育毛ハーブ・カチュールスガンディでハーブシャンプーでフケが出なくなった!より…… <訳>カチュールスガンディの根を乾燥させると、一種特有の芳香がただよう。粉末にされると、一層芳香がただよい、ウブタン(インド流スキンケア)として使用される。これが髪に使用されると、毛根を刺激し、血行を促進するために、髪の成長が早まり、また、フケなどを減らし、シラミなどを取り除く。このパウダーを風呂に浮かべて入浴すれば、肉体労働で汗臭くなった体臭が取り除かれる。

ハーブ洗髪の仕方 案ずるより産むがやすし!ハーブ洗髪は難しくない!
適量をお湯に溶かして頭皮に刷り込むようにマッサージするだけ チューブ

ハーブ粉をお湯に溶かして、指先につけ、乾いたままの髪をかきわけながら頭皮に刷り込みます。ハーブ洗髪では髪全体にお湯に溶かしたハーブ液をつける必要はありません。洗いたいのは頭皮、地肌です。地肌にハーブ液をしみこませるようにします。

ドレッシングキーパーなどの容器

右の写真のような容器を使い、先細の部分を髪をかきわけて頭皮に密着させ、ハーブ液を押し出して頭皮にチューと塗ります。頭皮全体にハーブ液が行き渡ったら、頭皮をよくマッサージし、その後、お湯を頭から少しかけて、頭皮のあたりにあるハーブ液が髪全体に行き渡るように、髪をもみ洗いし、続けてお湯をかけてハーブ液を洗い落とします。グアガムを新配合していますので、ハーブ液を濃く使用される場合は、粘性が高くなりすぎるため、ドレッシングキーパーの先細の先端からハーブ液が出にくくなる場合があります。ハーブ液を濃く使用する場合は、手などで髪に塗ります。

一回に必要な量は?

一回に必要な量は髪の量、長さによって異なります。また、初心者とハーブ洗髪熟練者により異なります。一般的に、初心者の方で髪の長い方は最初のうちはハーブ粉を量がたくさん必要です。ハーブ洗髪を続けていきますと、一回に必要なハーブの量が減ってくると同時に、ハーブの洗髪回数が減ってきます(毎日髪を洗う必要がなくなってきます)。

注意:目に入るとしみます

洗髪時、最初に髪を濡らし、それからハーブ液をつけますと、垂れやすく、垂れて目に入ってしまい、ハーブ液が目に入るとかなり沁みますので、注意が必要です。特にコツとしては、髪が乾いた状態で、髪を濡らさないで、頭皮にハーブ液を塗り始め、洗髪中は目を薄目にしたり、閉じたまま洗髪します。お子様にハーブ洗髪をさせる際は特にご注意ください。また、仮にハーブ液が目にはいってしみたとしても、害はありません。

注意点

当店では、詳細な使用方法の説明やアドバイスなどは行っていません。個人輸入扱いのため、ご使用は自己責任です。皆さまのご判断にてご使用ください。リストにないものでご希望がありましたら、お問合せください。

ハーブシャンプー香る髪・花ブレンド

ハーブシャンプー香る髪花ブレンド

100g 価格:1,380円 数量
100g×3 価格:3,300円 数量

関連商品

ヘナ花ブレンド

ヘナ・花ブレンド

アーユルヴェーダで髪を濃くするとされるジャスワンド花弁粉末を配合、心地よい香りを添えるイランイラン油を配合 ヘナ花ブレンド

染まらないヘナ花ブレンド

染まらないヘナ・花ブレンド

ハイビスカスの花弁粉末で潤い度アップ、膨らみがちな髪ももあとまりやすく、ボリュームを抑え気味に。イランイラン花油が心地よい15分~の色が付かないヘナ・トリートメント。

↑ PAGE TOP